メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

業務の詳細

最先端の経営分析で中小企業を支援

中小企業経営の舵取りはお任せください。



pit

 中小企業にとって、財務知識の不足が経営にストレスを与えている場合が少なくありません。決算書や日々の経営データには、明日への経営に役立つ材料がたくさんあります。
 資金調達、規模拡大、事業承継、経営多角化、投資計画、事業企画、不動産の取り扱い、事業再生、M&Aなどの経営課題を考える際に、全て経営分析が基礎となります。
 ビジネスは数字で成り立っているわけですから、当然といえば当然です。しかし、中小企業の経営者の方は、読み込み不足で様々なチャンスを逃し、多様なリスクに晒されているのが現状です。それほど経営分析は大切です。
 私たちは、この課題を、最先端のIT技術を使い、医療技術にたとえるならばMR装置のようにあなたの企業の問題点の「見える化」を実現いたします。
 税理士、公認会計士、弁護士、金融やマーケティングの専門家があなたの企業をサポートいたします。
 
どんな些細なことでもかまいません。フリーダイヤルかメールにてお問い合わせください。

前に戻る


事業再生・M&A

今のままでは、破綻が避けられない企業を、徹底改革いたします。

  戦後の日本と異なり、経済情勢は一変し、業種によっては一経営者の努力では決してカバーしきれないほどの難しい局面に入ってきました。この先、どうなるのか、弱気になっている経営者も多く見受けられます。講演に出かけたり、著作に目を通し啓発をしても、自社への応用動作が分からずに苦しんでおられる経営者がいかに多いことでしょう。
 ただ、経験と勘を頼りに経営を行ってこられた経営者には、必ずといってよいほど弱点があります。つまり、社会の進歩と自らの判断に溝が生じ、正しくマーケットを捉えられていないことが多いのです。
  グローバリズムとネット化はビジネスの隅々にまで浸透し、経営者の経験と価値観を無力なものに置き換えているのです。そうした激しい社会環境の変化に対して、経営者に必要なものは、経営者を支える「補佐官」なのです。私たちは、忙しく、適切な情報を入手することの少ない経営者の皆様のよき「補佐官」として事業再生の代行をお引き受けしております。

 弊社は中堅中小企業のM&A成約実績No.1の日本M&Aセンターと提携しており、譲渡企業と譲受企業の双方に対して、真に中立的且つメリットのある仲介を行っております。
 弊社は豊富な経験と実績に基づき、譲渡企業の事業継続性と譲受企業の成長性の同時実現を目指します。

   

どんな些細なことでもかまいません。フリーダイヤルかメールにてお問い合わせください。

前に戻る

マーケティング

どんなに製品がすばらしくても、市場の変化を読み取れないと苦しい。

marketing

 市場の変化はすさまじく、中小企業にとって消費者ニーズに追いついていくのは大変な時代です。こんなにすばらしい製品を作ったのに売れない。逆に、自社の製品の競争力を知らない。これほど市場が激しく変化している時代にあっては、消費者の動向を観察することはとても大切です。いまや、製品は世の中にあふれています。しかし、消費者の目線に立ち、消費者の求める「微妙な」感性にヒットしなければ、なかなかものは売れません。
 いったい、消費者は何を求め、自社製品に足らないものは何か。ここを冷静に判断できる力が求められています。製品を開発して思うように販売ができない場合、「ニーズがない」ものとあきらめてしまう場合が、少なくありません。消費者の立場にたち、切り口を変えて、販売してみたら驚くほど売れたという例も多いものです。
 中小企業が弱いマーケティング力。あなたの企業の製品を競争力あるものにするために、お手伝いいたします。

 前に戻る

不動産有効活用コサルティング

不動産は知恵をもって接しなければなりません。

estate
 プレジデントワンは、株式会社パシフィカ・キャピタルが持つ豊かな不動産有効利用の最新のノウハウを中小企業経営者の皆様にもお届けしたいと考えています。
 株式会社パシフィカ・キャピタルの前身のパシフィカ・コーポレーション(本社・米国ワシントンDC)は、1995年から日本で事業を展開。約10年にわたり、東急電鉄株式会社、株式会社パルコ、株式会社トリアスなど国内屈指のデベロッパーと東京、大阪、福岡など日本全国で商業施設開発の実績を重ね、高い評価を得てきました。外資系企業である株式会社パシフィカ・キャピタルの強みは、世界の最新ノウハウや成功事例に関する豊富な情報を持っていることです。同時に、国内事情や日本の生活者のニーズに精通しています。このような強みを持つ商業施設デベロッパーは、全国でも株式会社パシフィカ・キャピタル一社だけです。
 私たちは株式会社パシフィカ・キャピタルとともに中小企業の皆さまが保有していらっしゃる不動産の可能性についてアイデアをご提供したいと思います(無料)。
 強い企業をつくるための企業のバランスシート改善のための不動産売却、建物リースを利用したプラン、または商業開発など選択肢は多様です。プレジデントワンは、単に不動産の側面だけでなく、事業承継・相続戦略、事業戦略、資金戦略など様々な角度から、お手持ちの不動産をご判断いたします。その点が、プレジデントワンの強みです。また、大切な土地を活かしながら欧米の土地マネジメント・ノウハウを使った商業開発など様々な手法をお伝えいたします。

不動産の有効活用でお悩みの方は、フリーダイヤルかメールにてお問い合わせください。
http://www.pacifica-cap.com/   株式会社パシフィカ・キャピタルのご案内

前に戻る

コーポレート・ガバナンス

社会的責任が増大する今日、中小企業にとってもコーポレート・ガバナンスは重要なテーマです。

 一瞬の気の緩みが、企業の破綻を招く時代。企業を揺るがす問題はいつも小さな出来事からはじまります。経営者はつねに企業全体で起こっている出来事を掴んでいなければなりません。また、企業の進む方向が従業員に周知され経営者の想いが企業全体に行き渡っていることが大切です。理念構築、収益管理、情報管理、リスク管理など企業が統治しなければならない課題を掘り下げ、堅牢な企業統治の実現をサポートいたします。
gover

 


 

前に戻る   

社会貢献

企業は営利活動の他に社会に対してどのような貢献ができるのか、大きなテーマになってきました。

 従来、営利活動と社会貢献は両立できるものではありませんでした。しかし、成熟した消費社会は製品だけでなく製品を生み出す企業の社会性についても関心を払い、ひいてはその社会性に対する評価が消費行動につながる時代になってきました。
 企業は製品を社会に提供するだけでなく、自社の製品と社会の関係を考え、社会に貢献できる分野を探し出し、社会と融合した存在にならなければなりません。
 中小企業ができる社会貢献にはどんなものがあり、具体的にどのようにすればよいか、私たちは豊富な経験から皆様をサポートしたいと考えています。

csr

前に戻る

このページの先頭へ

ページの終了