メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

資金戦略

sikin

このページはのページです。

 

資金調達

金融機関との折衝を専門的に代行いたします。


sikin

 企業が営業活動を継続的に営むためには、将来における現金の収入と支出を予測して、収支の適正化をはかるとともに、資金不足が見込まれる場合には妥当な調達を行い、資金余剰が見込まれる場合には、有利な運用を計画することが重要です。この計画を資金繰りといい、資金不足を補うことがまさしく資金調達に他なりません。 企業の経営において、支払の遅延は許されません。仕入先に対する支払が滞れば、営業活動は円滑に行われなくなりますし、まして手形期日などは一日の支払猶予も許されず、決済ができない場合には、直ちに企業の経営破たんに繋がります。
 企業の倒産原因は、いろいろ考えられますが、最終的には資金繰りが悪化し、その結果として支払不能に陥ることから来ます。資金繰りの悪化は、多くは収益性の悪化によるもので、収益性が高ければ一般的に安全性も高いと考えられます。しかしながら、収益性が高くても資金繰りが円滑にいかない場合があります。これは、企業における収益・費用と、資金(お金)の収入・支出とが必ずしも時間的に一致しないからです。収益・費用上はプラスで利益が計上されていても、資金の収入(回収)が先のため資金繰りが逼迫しているケースが数多く見受けられます。
 資金繰り上、一定期間における支出が収入を上回ることになれば、その不足分は手元の現預金で支払うか、増資を行うか、金融機関から借入によって資金調達し、不足分を充当しなくてはなりません。
 そこで、企業の経営者は、資金繰りにいつも頭を悩まし、どうやって資金調達すればよいか考えなければいけない状況に置かれているのです。
 私たちはそんなあなたの悩みを解決いたします。

どんな些細なことでもかまいません。フリーダイヤルかメールにてお問い合わせください。

資金調達に係わる詳細

前に戻る


資産運用

日頃、多忙を極める医師の皆様に資産運用アドバイスを行います。

unyou

 資産運用とはどのようなことなのでしょうか。平成17年のことです。日本の経済構造が貿易立国から投資立国に変化しました。日本にとって歴史的な転換点でした。所得収支の黒字が貿易黒字を上回ったのは統計のある1985年以来初めてで、事実上、戦後初でした。日本の経済構造が、輸出に頼る「貿易立国」から海外投資でも収益を得る「投資立国」に変化しつつあることが一層鮮明になってきました。
 今後日本が高齢化する中、貿易収支が改善する可能性は低い。その一方で投資の効率化により真の意味での資産大国になることができれば、豊かな日本を維持することは十分可能です。政府、企業、国民すべてにおいて、投資を育てる心が必要かもしれません。

 ただ、資産運用に関する正しい知識を身につかなければなりません。高いリターンを求めることは大きなリスクをとりにいくことを意味します。高いリターンが得られる金融商品は大きなボラティリティ(変動率)を示します。リスクを抑えてより高いリターンを求めるには、銘柄分散、時間分散、通貨分散など投資のセオリーを外さないことです。


私たちは日々の業務に追われている医師の皆様の資産運用アドバイスを行っています。

資産運用についてお聞きになりたいことがございましたら、フリーダイヤルかメールにてお問い合わせください。

前に戻る



  What's new

 news

  mark2012年2月5日 中小企業金融円滑化法の再延長
   今年3月末に期限切れが迫っていた中小企業金融円滑化法
   (以下「円滑化法」)を、2013年3月まで再延長することが、
...続き

  mark
2012年1月22日 キャッシュフロー
   前回は実態バランスについてお話しましたが、本日は、
   これも銀行が気にするポイント“キャッシュフロー”...続き

 

  mark2012年1月8日 実態バランスシート
   皆様、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしく
   お願いいたします。2012年最初のコラムは、“実...続き

 



このページの先頭へ

ページの終了