メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

事業承継・相続

tax

このページは

yano

 私が中小企業経営者の皆様のお手伝いをさせていただきます。長年、事業承継・相続を手がけてきた豊富な経験をもとに、最善のプランをご提供したいと存じます。、事業承継がステップとなり、さらなる飛躍の道を歩まれることをお祈りしています。

取締役 公認会計士・税理士 矢野厚登
1962年生まれ 京都大学法学部卒業。長信銀、監査法人トーマツ(公開支援、 企業戦略・経営計画策定支援業務に従事)を経る。 税理士法人ブレインパートナー代表社員兼務。公認会計士、税理士。矢野会計事務所所長、大手企業、青年会議所など講演、相談多数。総合医業研究会(専務理事)、TKC医業・会計システム研究会新規開業支援委員。著作介護保険と病医院経営(ぎょうせい 共著)、介護保険と病医院経営収支(ぎょうせい 共著)、数字に弱い人のための合理的意思決定入門(PHP研究所)、病医院の経営・会計・税務(TKC出版 共著)


事業承継

今、事業承継が熱い。事業承継を活かし、企業の成長戦略に置き換える。

syoukei

 急速に進む高齢化社会において、近年、中小企業経営者にとって大きな課題は、後継者の確保あるいは事業の円滑な承継です。ある金融機関の調査によると、中小企業の3分の1は、後継者問題を抱えており、そのうちの半数以上は具体的な対策に着手できていないという実態が存在します。
 平成20年2月5日、経済産業省による「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律案」が出されました。総務庁「事業所・企業統計調査」によれば、中小企業数(会社数+個人事業者数)は、約432.6万社。全企業数に占める割合は99.7%です。日本は中小企業国家ともいえます。日本を支える中小企業を次世代にわたす事業承継は実に重要なテーマです。
事業承継とは、次世代に経営権を移行させる手続きです。現状の企業資産を継承するだけではありません。今まで発展してきた企業環境とは様変わりしているはず。次世代につなぐためには成長分野への進出を通じて事業再編成をしながらバトンタッチをしていかなければなりません。
  そのため事業承継分野は、成長戦略、コーポレートガバナンス、マーケティング戦略、M&A、自社株移転、相続税等税務、金融、人事など多岐にわたります。私たちはあらゆる角度から事業承継を掘り下げていきます。

 基本的な事業承継手続きから、その応用まで、どんな些細なことでもかまいません。フリーダイヤルかメールにてお問い合わせください。


事業承継の詳細

事業承継の現状
中小企業では、企業経営者の平均年齢が57歳と高齢化が進行する一方、後継者の確保が困難になっています。
事業承継の変化
近年、親族内承継は6割に減少し、親族外承継が増加し4割になっています。

事業承継の手順
事業承継を円滑に進めるためには、「事業承継計画の立案」と「具体的施策の実行」の 2つのステップが必要となります。
事業承継プラン
事業承継プランは、中長期の経営計画に、事業承継の時期、持株移転等の具体的内容を盛り込んで作成します。

事業承継の具体的な対策
大きく分けて親族内承継、従業員による事業承継、M&Aの3つがあります。
事業承継ケーススタディ
ここでは具体的事例に基づいて事業承継効果を分析してみます。

事業承継カレンダー
経営計画に、事業承継時期、具体的対策を記載した事業承継カレンダーを作成してみてはいかがでしょうか。
後継者教育
後継者を選定した後には、経営、会社、業界、専門分野についての後継者教育が必要となってきます。

株式・財産の分配
後継者への自社株等事業用財産の集中について考えてみます。
生前贈与
生前贈与は、後継者への財産移転のうち、経営者の生前に権利が確定される最も確実な方法です。

遺  言
遺言を作成することにより、後継者に自社株等を集中することが可能となります。
株式の集中及び分散防止
会社法を用いて、後継者へ株式を集中させるとともに、好ましくない者への株式の分散を防止することができます。

種類株の活用
種類株式を活用することにより、会社の安定を図るための議決権をコントロールすることが可能となります。
オーナーから親族外役員・従業員への承継
親族内に後継者としての適任者がいない場合に、番頭役である役員や工場長等の従業員が後継者になる場合があります。

相  続

人はなぜ相続問題で争うのでしょうか。

souzoku

  どんなに知的で冷静な人でも、また温厚な人でも、相続問題が生じますとまったく人が変わってしまうことが多いものです。なぜでしょうか。自らの力で将来のキャッシュ獲得に自信に満ちている人は金銭欲で人間性が変わることに対して抵抗があり、毅然としていられる場合が多いようです。将来への生活不安を抱いていたり、それほど自信家でもなければ、目の前の金銭的な権利に対して少しでも多くの成果を欲しいと考えます。そうした人間の素朴な心情が相続問題を悲しいものにします。一般的には自信家はそれほど多くはありませんので、相続問題は大多数の人にとって複雑な問題を引き起こします。
 一方、被相続人がご存命中には相続について口を開くことにためらいがありますので、相続人同士が話し合うことはほとんどありません。ところが、現実に相続が発生しますと、果たして自分は「公平な」財産分与に預かることができるのか、急に不安になります。誰かが有利になり、自分は不利になるのではないのか。疑念が生じます。すべての相続人にとって、自らの権利」に対する「正当な」理由が存在します。しかし、相続人の権利に対する公平性を説く人はいません。全ての相続人は当事者であり利害が対立してしまいます。あれほど仲が良かった兄弟姉妹が相続を契機にまったく顔をあわせなくなったという不幸な例は数え切れません。
 このような不幸な事態を避けるためにはどうすればよいのでしょう。相続が発生してからでは遅すぎるのです。相続人及びその伴侶を含めて、すべての関係者が冷静でなくなってしまうのです。従って、被相続人がご健在なうちに、話し合っておくのです。話し合いが難しい場合は、被相続人が自らの意思を遺言書という形で明確にしておくのもよいでしょう。
 私たちは、 このような相続の性質を熟知し、不幸な争いを事前に回避できるように皆様をサポートしたいと考えています。

 基本的な相続手続きから、その対策まで、フリーダイヤルかメールにてお気軽にお問い合わせください。



相続の詳細

相続税を払わなければならない人
相続税は保有する財産時価総額にかかるものと思っている方をよく見受けます。相続税は課税対象額にかかります。
相続税の計算方法
まず、誰がどれだけ相続するかを決める前に、法定相続人全員でどれだけの相続税が発生するかを計算します。

相続人は誰?
相続人になるべき人の範囲と順位は民法で決められていて、配偶者相続人と血族相続人とが あります。
相続できる割合は?
民法では、財産を分割するために基準を定めています。これを法定相続分といいいます。。

相続財産の種類
相続税の課税対象財産は、金銭に見積もることのできる経済的価値あるもの全てです。
相続財産はどのように評価する?
相続財産の評価は、その財産の取得時(相続開始の時)の時価により計算します。


遺産分割の方法
遺産分割の方法には、現物をそのまま相続するだけでなく、様々な方法があります。
遺産分割協議書とは?
相続人全員が合意したことを証明する書類です。


相続が発生したら(手順)
相続が発生した場合は10ヶ月以内に申告をします。
相続の事前対策とは?
相続対策はじっくり時間をかけて行いましょう。


遺言書
争いごとをなくす大きな力、遺言書。
事業家の相続
事業家の相続は会社の財産で苦しくなる。


  

新着情報

news 
  mark
2017年10月31日 〜本業消失危機をチャンスに変えて
            イノベーションを起こした名経営者
                        古森重隆〜

  古くは、石炭から石油へのエネルギー転換、最近では、
  欧米での自動車のEV化等、急速な事業転換に...続き

  mark2017年9月26日 〜“サービスが先、利益が後”を実践し、
            引き継がせた名経営者 小倉昌男〜

  違法残業、生産性向上などの働き方の問題で、毎日
  マスコミを賑わせています。違法残業では...続き

  mark2017年8月29日 〜率先垂範、言行一致を実践し、
           危機を乗り切った名経営者 土光敏夫〜

  昨年来、東芝の存続問題が世間を騒がせています。
  実は、東芝の存続が危ぶまれたのは、今回が初めて・・・続き

  mark2017年8月1日 〜独自の発想力で時代を作った
                 名経営者 小林一三〜

  企業としてのビジネスモデルの創造がさけばれる中、
  無から沢山の事業を創出していった小林一三を・・・続き

  mark2017年7月4日 〜「三菱」を個人企業から財閥を確立させた
                   名経営者 岩崎弥之助〜

  事業承継の難しさ、時代の変化に対応できずで、企業寿命が
  短くなっている昨今、第二次世界大戦での敗戦後・・・続き

  mark2017年5月23日 〜事業性を重視し、融資実行した
              安田財閥の創始者 安田善次郎〜

  マイナス金利での収益悪化、地域金融行政の大改革に
  乗り出している森金融庁長官の出現で、従来の不動産・・・続き

 

このページの先頭へ

ページの終了