ハイパフォーマー育成

データサイエンスにもとづき、営業力(渉外力)と人財力の底上げをおこない、
「できない営業」を「できる営業」に進化させていきます。

ひとりひとりの価値

資源としてのヒトの価値を高めるためには、今いる従業員の成長が不可欠です。経験則として、一般的に組織の構成比は、2:6:2に分かれると言われています。・上位20%:会社を引っ張るリーダー。・中位60%:会社を支える人材。・下位20%:上の80%にもたれかかっている人たち。多くの会社では、一部の優秀な人材が会社を引っ張っているのが現状ではないでしょうか。そのような会社で、利益を拡大したいと考えた時どうするのか。優秀な20%に、さらに頑張ってもらうのか?そもそも、個人の能力に任せて、精神論や根性論で「頑張れ」というだけでよいのか?

難しい人材育成

人を育て、会社を発展させることが非常に困難なことを、みなさんは理解されているでしょう。ではなぜ、人を育てることが困難なのでしょうか。それは、OJTなど、人を育てることもまた、個人の能力に任せてしまっているからです。優秀な人材が、人を育てることに関しても優秀だとは限りません。優秀なプレイヤーが優秀なコーチになれないのと同じです。優秀な人材は、本人はできて当然、当たり前だと思っているので、教えて育てることが非常に困難なのです。

できないことをできるように

私たちは、これまでの多くの人材育成の経験をもとに、科学的アプローチによる解決策を見つけました。なぜ、できるのか?なぜ、できないのか?それには、その人の性格や能力が大きく関わっています。下位80%を大きく伸ばすために、上位20%をさらに伸ばすために、上位20%がなぜできているのか、下位80%がなぜできていないのか、科学的な分析をもとに、共通点や相違点を見つけ出し、一人ひとりに対して、できないことをできるように、できることをさらにできるように、適性に合わせてピンポイントで改善点を指し示すことができます。

いま、付加価値を生み出す人材を育成させることが
企業の成長にとって非常に重要なテーマとなっています。

私たちは確かな指標と根拠で、企業の更なる成長可能性を提供します。